THERAVADA BUDDHISM / WORLD PEACE PAGODA

世界平和パゴダのWEBサイト

新着情報

2018年10月26日

エンダパラ三蔵法師より御礼の言葉を頂きました。

パターン祭参加第11位三蔵法師アシンエンダパラより御礼の言葉 

 この度、ミャンマー連邦共和国国家僧伽団大長老委員会副会長オゥタマニャナヴィワンタ僧正、及びウサンディマヴィワンタ権僧正を筆頭とする22名の権僧正達により2018年10月20日土曜日の朝9時から2018年10月24日水曜日の朝9時迄の96時間の間、世界平和パゴダにて絶えずお経を唱え続け、4回目のパターン法要祭を無事終える事が出来ました。今回のパターン祭はちょうど満月にもあたりパターン祭終了後に今回参加した僧伽団全員で戒律堂での瞑想も併せて行いました。

 パターン経(発趣論)はお釈迦様のお経の中でも非常に霊験あらたかなお経であり、震災等の自然災害も防ぐことが出来るとされております。今回のパターン祭の目的はそのお経の力を借り地震、津波、水害、台風等の自然災害が起きませんように、また日本の皆様におかれましては大過なく、幸多かれとの願いを込めこの日本の地にて唱えております。 

 世界平和パゴダは1957年に戦友会の方々が、ミャンマー政府に第二次世界大戦の際ミャンマーで戦死された30万人の追悼の為、パゴダの建立を依頼れたのが始まりです。
それから、この門司の地にミャンマーの僧侶達が住み続け、今年で61年に成ります。これも日本の奉賛会の皆様とミャンマーの大使館が手を取り合い協力してきた結果だと思います。そして今後も世界平和パゴダの存続の為、ご協力をお願い致します。 

皆様が大過なく平穏に過ごせますように。

お問い合わせ

世界平和パゴダ
〒801-0855 福岡県北九州市門司区大字門司3251-4 TEL:093-321-1033 アクセス

世界平和パゴダ奉賛会事務局
〒802-0022 福岡県北九州市小倉北区上富野3丁目2番8号 株式会社サンレー内 TEL:093-551-9950